Kyoshin ECEグループ(HOPPA・ビーフェア)採用情報サイトです。

【京進のこども園】保育士(正社員)従業員800名のうち半数以上が人間関係の良さをあげる職場です★近江八幡市

最終更新日: 2023/01/09

※HOPPA近江八幡は、株式会社京進が設立した社会福祉法人こころざし運営の園です

このお仕事の特徴

賞与あり
産休・育休制度あり
研修あり
U・Iターン歓迎
残業手当あり
交通費支給
昇給・昇格あり
急募
社会保険完備
即日勤務OK
勤務開始時期調整

募集要項

お仕事No. 17954
勤務先名 京進のこどもえん HOPPA近江八幡(定員220名)近江八幡市 〇 認定こども園 〇 京進
職種 【京進の認定こども園】保育士(保育教諭)(正社員)退職金制度あり 〇賞与年2回 〇 研修制度充実 〇 従業員800名のうち半数以上が人間関係の良さをあげる職場です
仕事内容 知育、ネイティブスタッフによるEnglish timeなど、HOPPAはプログラムが充実し、毎日が楽しいですよ! 研修制度やマニュアルも整備されているので、安心して保育に取り組んでくださいね。 【仕事内容】 ・0~5歳児の担任をお任せします ・知育time・オリジナルプログラムの実施(マニュアル・研修有り) ・ネイティブ英語講師によるイングリッシュタイムのサポート(英語力不問) ・書類関係の作成、行事計画等 ・保護者対応 【私たちが大切にしていること】 こども達の、そして先生方の笑顔を守っていきたい! ひとりひとりを大切にする保育◎ 仲間を大切にする園が私たちの自慢です。 【2022年度従業員満足度ランキング】 実際に働いているHOPPA/ビーフェア職員(約800名)に自社の良いところのアンケートを取りました♪ 1位:人間関係 (チームワークの良さ) 482名 2位:教育的環境 (就学前の土台作り:知的好奇心の追求) 335名 3位:ワークライフバランス (持ち帰り業務なし、育休産休取得実績あり) 308名 2022年度育休産休取得実績:65名 --------------------------------------------------------------------- ★you tubeでHOPPA現役保育士さんの動画配信中★ 【公式】ほっぱ採用ちゃんねる_HOPPA保育園 https://www.youtube.com/channel/ UCndBP6hJaPjBvNyupimwhSA ★ツイッターはこちら  https://twitter.com/hoppa_saiyo ★インスタはこちら  https://www.instagram.com/hoppa_officialsaiyo/
勤務地 滋賀県近江八幡市土田町1424番
アクセスマップ 地図を開く
交通手段 ※マイカー通勤可 (所定の任意保険加入が条件/ 駐車場・ガソリン代は交通費の範囲内で支給) ※自転車通勤可(自転車は通勤距離によります) ※バイク通勤はご相談ください。
最寄駅 琵琶湖線 近江八幡駅から車で6分 近江鉄道八日市線 近江八幡駅から車で8分 *湖南市・草津市・甲賀市・栗東市・東近江市・日野町・竜王町の方からご応募を頂いております!
給与 月給 ●4大卒:204,020円~ ●短大・専門卒:月給194,010円~ (一律認可手当・臨時処遇改善手当などあり) ※短大・専門卒で2年以上の実務経験がある方は、+10,010円加算 ●その他 ・時間外手当 ・交通費38,000円(上限)/月 ・役職手当5,000~40,000円(役職についた場合のみ) マイカー通勤の場合:ガソリン代を支給(所定の任意保険加入が条件/ 駐車場・ガソリン代は交通費の範囲内で支給)
勤務時間 7:30~19:30の間でシフト制 (1日9時間勤務うち休憩1時間) (土曜出勤は月2回程度/その場合は平日振休)
就労期間 定年あり(60歳)
試用期間 6か月
学歴 短大・専門卒以上
応募資格 保育士資格(必須)
雇用形態 正社員
待遇 ■福利厚生 ・家賃補助(最大53,000円・敷金礼金支給 ※社内規定あり) ・短時間勤務制度 ・育児休暇制度 ・産前産後休業制度 ・介護休暇制度 ・結婚休暇7日間(有給) ・配偶者の出産休暇(有給) ・忌引休暇(有給) ・結婚祝い金 ・出産祝い金 ・弔慰金(住居災害見舞金など) ・インフルエンザ予防接種代の補助 ・定期健康診断 ・制服支給 ・懇親会費用の助成 ・京進が運営するスクール割引(本人・親族) ・退職金制度(勤務3年以上) ■給与改定:年1回(4月)  ■賞与:年2回(6月・12月)
加入保険 社会保険制度完備(厚生年金、健康保険、雇用保険) 
受動喫煙対策 敷地内禁煙
休日休暇 ・年間休日118日 ・週休2日(土曜出勤の場合は平日休み) ・日、祝日、GW、年末年始 ・有給休暇(入社6ヵ月後に付与) ・育児休暇 ・産前産後休暇 ・介護休暇制度 ・結婚休暇7日間(有給) ・配偶者の出産休暇(有給) ・忌引休暇(有給)
応募の流れ (1)【応募】応募フォーム又はTELにてご応募 下さい ↓ (2)【選考】選考1回(面接1回+適性検査)※実技試験はありません ↓ (3)【内定】選考から内定まで約1~2週間程度です 園見学はお気軽にお問い合わせ下さい。ハローワークでも求人掲載中。 HOPPAホームページ・こころざしホームページでは各保育園ブログで園の生活や行事、知育timeなどご覧頂けます。 ※入職時期相談可
応募受付担当者 HOPPA採用担当
応募先電話番号 0120-354-077

応募する!

企業情報

企業名 ※HOPPA近江八幡は、株式会社京進が設立した社会福祉法人こころざし運営の園です
住所 〒523-0082 滋賀県近江八幡市土田町1424
電話番号(代表) 0120-354-077
事業内容 HOPPAを知りたいという方に向けて、保育体験会を開催中です。(実施園・日程はご希望をお伺いし、調整いたします)上記電話か下記URLからお気軽にお申込くださいね!
会社HP https://www.recruit-keceg.jp/page/detail/hoikutaiken_all
売上高 ★★★トピックス★★★ 2022.10.26 発行 日経MJ(流通新聞)  「第40回 サービス業総合調査」 (株)京進の保育グループ(HOPPA、ビーフェア)が「保育サービス部門」売上ランキングにおいて業界11位! 関西拠点の保育グループとしては1位にランクインしました。 2011年グループの第1号園を開園以来 多くの先生方の力をあわせ、また保護者様、地域のみなさまのご協力あって ここまで大きなグループへと成長しました! ありがとうございます。

応募する!

Kyoshin ECE Group 運営施設 ※2022年4月時点

全国に95園 お預かりするお子さまは3000名以上

幼稚園1園 ◎認定こども園1園 ◎認可保育園 44園 ◎小規模認可保育園 40園 ◎東京都認証保育所 7園 ◎プレミアム保育園(認可外保育園)2園 【ビーフェア】東京21園 【HOPPA】東京3園 ・神奈川8園 ・千葉15園 ・愛知6園 ・滋賀18園 ・京都2園・大阪4園 ・兵庫6園 ・広島10園 ・沖縄2園 HOPPA(ホッパ)とは、スウェーデン語で「飛躍」を意味します。 子どもたちの健やかな成長を願って、名付けられました。 2011年度にHOPPAの第1号園を開園以来 2022年度京進のブランド(Koyshin ECE Group)として、 HOPPA・ビーフェアの2ブランドで 全国で95園を運営しています。 お預かりするお子さま(定員数)は約3000名 理念を共にした仲間は全国に1000名以上います。 「ひとりひとりを大切に」 子どもたちにも、そして働く職員に対してもゆるがない想いです。 <保育・教育理念> 子どもたちの自立を育み、輝きを引き出し、健やかな成長を応援します 〇ひとりひとりを大切にする保育  個々の発達段階を丁寧に見つめ、ふさわしい援助を心がけます 〇主体性を大切にする保育  子ども自身が持つ、伸びようとする力を育んでいきます ※社会福祉法人こころざしは、地域との結びつきを深め、地域社会に向けより良い貢献を行う目的で、株式会社京進が 2017年10月に設立しました。

応募する!

株式会社HOPPA 水口加緒里社長からメッセージ

ひとりひとりを大切に

株式会社京進の創業者である立木会長が最も大切にされてきたフィロソフィーが組織価値観に掲げる「私たちは、ひとりひとりを大切にします」という教育に関わる すべての職員・ステークホルダーに向けた行動原則です。 1975年の創業以来、最も大切にされてきたこの考え方は、2011年に創部された保育事業にも継承され、保育園、幼稚園、認定こども園を運営する Kyoshin Early Childhood Education Groupの「ひとりひとりを大切にする保育」として保育理念に掲げられるようになりました。 子どもの育ちの個人差への配慮、子どものもつ個性を尊重し、まずそれらを受け止め、子どもの育つ力を信じ、ひとりひとりに寄り添った保育の実践を誓うものです。 毎年、多くの求職者の皆さんが当グループ園での勤務を希望し、面接に来られます。 面接の中で、求職者の皆さんが語られる最も多い応募動機に、この保育理念「ひとりひとりを大切にする保育」への共鳴があります。 「ひとりひとりを大切にする保育」とは、どのような保育なのでしょうか。 当グループでも職員研修で、この問いをディスカッションし、それぞれの考え方を共有したことがありました。 目標は同じでも手段はたくさんあり、簡単に正解、不正解が判断できるものでもありません。 ただ、前提になる考え方として、保育提供者は相手にとって「大切にしている」と思っていても、その受け手が「大切にされている」と実感しなければ理念実現とならないということです。 受け手の「受け取り方」は千差万別です。 よって、何よりもそのバックボーンとなる育った環境、経験、個性を正しく理解しようとすることが最も大切だと思います。 相手を理解しようとすることは、社会生活における人間関係をより良くするためにも必要な姿勢です。 「ひとりひとりを大切に」 当グループで働く全ての先生方、職員の皆さんにも「大切にされている」と実感できるような組織づくり、働く環境づくりを目指しています。

応募する!